風俗求人に興味を持つ人が高収入を得るための情報サイト

>

初心者もOK!風俗でたくさん稼ぐためのポイントとは

風俗の仕事とは

まずは、風俗の仕事について知っておきましょう。
「風俗」という言葉にはいろいろな意味がありますが、「性的なサービスを行なう業種」もそのひとつです。
営業に際しては、都道府県の公安委員会へ「性風俗関連特殊営業」の届出が必要です。

こちらの営業種別には、ソープランドをはじめとする「店舗型性風俗関連特殊営業」、派遣型ファッションヘルスなどの「無店舗型性風俗関連特殊営業」があります。 
また、「映像送信型性風俗関連特殊営業」(アダルト画像通信販売)や、ツーショットダイヤルなどの「無店舗型電話異性紹介営業」があることも把握しておきましょう。

このようなことから、性的なサービスといっても、お客様と直接向かい合う仕事ばかりではないことが分かります。
また、風俗の仕事を始めたい人は、風俗店などの求人に応募することも選択肢のひとつです。

いろいろな仕事がある

風俗の仕事をするときは、勤務時間帯を知ることも大事なポイントです。
ソープランドや個室マッサージなどのナイトワークが多いため、昼夜逆転の生活になるとの覚悟も必要かもしれません。

ナイトワークにはキャバクラ(キャバレークラブ)の仕事などもあります。
こちらは「風俗営業」の許可対象のひとつです。
また、キャバクラは、お客様に遊興・飲食などのサービスをする「接待飲食店営業」という点にも注目されます。 

このような理由から、キャバクラの仕事に就くと、お客様の横に座って会話を楽しんだりお酒をサービスしたりする必要性がでてきます。

キャバクラと同じようなスタイルのお店はほかにも存在します。
クラブもそのひとつ。
ちなみに、クラブで働くホステスは20~30代が多く、キャバクラのキャバクラ嬢よりも年齢層が高い傾向がうかがえます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ